薬の有効成分|クラミジアの治療薬はクラビットで決まり!抗生物質を使う性病治療

薬の有効成分

the blister packs

SEXで人の体内に入り込み、症状を引き起こすクラミジア菌。その主な症状としては、男性の場合には排尿時に感じる尿道の痛みが代表的です。
あのよくいわれる「焼けるような痛み」を、まさしく味わうことになるでしょう。トイレに行くたびにこの痛みを味わうことになります。クラミジア菌は尿道に炎症を引き起こすので、尿が通るときに刺激されて痛みが走るのです。
一方、女性の場合は下腹部の痛みやオリモノの不自然な増加、不正出血などがあらわれます。ちょっとした痛みや不正出血なら「気のせい」で片づけてしまいたくなるかもしれませんが、現在クラミジアが流行っています。ちょっとでも違和感を覚えたら、すぐクラビットを手に入れて治療を始めましょう。
クラビットは、有効成分レボフロキサシンによってクラミジア菌を退治し、病気を治療してくれます。細菌がいなくなれば体に与えられるダメージも消えるので、尿道の炎症は自然におさまって快適なおしっこをすることができますし、女性の場合も不意に下腹部が痛くなったりオリモノが増えたりすることもなくなります。

クラビットの主成分であるレボフロキサシンは優れた成分で、クラミジア菌だけでなくさまざまな細菌に対する抗菌力を持っています。特に炎症を起こす細菌に対する抗菌力は数ある抗生物質の中でもトップクラスで、病院では性病科だけでなく皮膚科や内科、耳鼻科などでも処方薬として使われています。
皮膚炎や中耳炎、肺炎などの治療に役立つのです。
このように医療業界も認める薬なので、安心して使い、いまわしいクラミジアを治療しましょう。