1週間飲むこと|クラミジアの治療薬はクラビットで決まり!抗生物質を使う性病治療

1週間飲むこと

the woman drinks pills

クラミジア菌はSEXのとき、粘膜接触を行うことで感染する細菌です。「粘膜接触」とは、人体の中でも粘膜で出来ている部分同士が接触することで、たとえばペニスとヴァギナの性器同士が接触すること、あるいは性器と口唇、舌が接触することを意味します。つまりSEXで挿入することだけでなく、フェラチオやクンニリングスといった行為を行うことによって感染することもあるのです。口や舌を使ったオーラルセックスで、喉に感染してしまうというケースも少なくありません。

こうして感染して性器や喉に炎症を引き起こし、特に性器に対しては大きなダメージを与えるクラミジア菌ですが、クラビットを飲めば性器、喉、すべての場所にいるクラミジア菌を撃退できます。クラビットを用法用量を守って飲むことで、充分な量の有効成分レボフロキサシンが投入されて、しっかり菌と戦い、最終的には勝利をおさめるのです。

さて、具体的には、クラビットは1日1回レボフロキサシン500mgを飲み、1週間ほど飲み続けることが必要です。
ネット通販で購入できるのは「クラビット250mg」という製品です。これは「有効成分レボフロキサシンが250mg入っている」ということを意味しています。
つまり、ネット通販で薬を購入するときは1日2錠を1週間続けることが必要というわけです。
きちんとクラミジア菌を退治できるように、最後まで飲みきりましょう。